WORK STYLE

先輩紹介

人や生活に関わる仕事がしたい。その想いを実現するために、コバヤシを選んだ。

PROFILE
製造本部 技術部 技術G
工学部 機械工学科卒 2019年入社
CHAPTER 01

人や生活に関わる仕事がしたい。その想いを実現するために、コバヤシを選んだ。

もともと、食品容器や包装への興味があり、大学では菓子の袋などを閉じるヒートシールについて研究していました。機械工学専攻なので、周りは自動車などの分野に進む人もいましたが、私自身は、「人や生活に関わる仕事がしたい」という想いが強くて。そんなとき、大学でコバヤシの会社説明を聞く機会があり、食品容器を扱っている点に惹かれました。また、インターンシップでいろいろな会社を訪問した中で、コバヤシは、社員の皆さんが気さくに話しかけてくれる明るい雰囲気であったことも入社の後押しになりました。
入社後は、食品容器の設計を行う製造本部に配属。最初はOJT期間として先輩が付ついてくださり、容器について学びながら、先輩の業務を手伝うことからスタートしました。それから徐々に、「この部分の設計をやってみて」と先輩の業務の一部を任され、入社半年後には一通りの業務を任されるようになりました。

CHAPTER 02

自分自身で経験しながら、多くを学べる環境がある。

入社半年で独り立ちしたわけですが、そこで大きな変化がありました。それまでは先輩とともに、豆腐容器など硬いプラスチック容器を扱っていたのですが、新たに、納豆容器という軟らかい発泡容器の開発を担当することになったのです。これらの素材は特性がかなり異なるので、また一から勉強する必要がありました。
実際にやってみると、思った以上に大変でした。営業担当と話す際も、当然、こちらも納豆容器について知っているだろうという前提で話が進んでいくわけです。でも実際は、「この部分は何て呼ぶんだろう?」など、わからない単語があるような状態で。そんなときは、自分で調べつつ、先輩に聞きながら理解を深めていきました。コバヤシには、先輩方が築いてきた様々な基準やデータがあるので、そこから学ぶことも多いです。何より質問や相談がしやすいのは、ありがたい環境だと思いますね。
また、それ以上に、自分自身が経験しながら知識など様々なものを得られるということが非常に大きいと感じています。

CHAPTER 03

要望のレベルが高いからこそ、身につけた知識や経験が生かせる。

食品容器の設計の大変さでもあり、面白さでもあるのが、お客様の依頼のレベルが高いことです。というのも、食品容器というのは、すでにある程度完成されたものなので、お客様の要望としては、そこからさらに自社に合わせて条件を詰めたい、新たな機能を付けてほしい、ということになるからです。それに対して私たちは、容器の形状を工夫し、それこそ数ミリ単位での調整をしていきます。
具体的には、設計に基づいて金型を作り、容器を試作するわけですが、発泡素材は予想外の動きをするので、図面通りに仕上がらないのが難しいところ。その「曖昧さ」も想像しながら調整していくのですが、結果、自分が想定した通りに出来たときは嬉しいし、自分自身の成長を感じる瞬間でもあります。現在、まさにいくつかの新しい容器の設計が進行中なので、これから容器が世に出て店頭に並ぶのを見たら、さらに嬉しいだろうと思いますね。

CHAPTER 04

自分のやりたい分野で、知識を増やし、上をめざしていく。

今、就活の頃を振り返って思うのは、大学で学んだことと違っても構わないから、自分のやりたい分野に携われる会社を選ぶのが正解だということ。私も、大学での研究はある程度生かせたけれど、会社に入ってから知ったことの方が断然多い。たとえば、成形する際プラスチックがどのような動きをするのかといった知識は、企業に入り、仕事をしたからこそ身についたもの。
そして、これからも、仕事を通して様々なことを学んでいきたいです。今後の目標は、容器の設計とともに、生産設備にも関わっていくこと。機械を知ることで、容器の設計に必要な知識も得られるので、両方を深く理解したい。そして、現在の納豆容器の他にも、アイスクリームやカップ麺の容器など、コバヤシで扱うすべての容器が設計できる技術者になることをめざしています。

Schedule for one day

OTHER STYLE