WORK STYLE

先輩紹介

会計業務の全体に携わり、早くから成長できる環境を求めて。

PROFILE
管理本部 管理部 経理課
理工学部 経営システム工学科卒 2018年入社
CHAPTER 01

会計業務の全体に携わり、早くから成長できる環境を求めて。

大学では、統計学を経営や経済に活かす学科に所属。授業で会計学に興味を持ったのが、経理の職をめざしたきっかけです。私にとって会計学は、“パズル”みたいで面白いですね。仕分けが集約されて試算表ができあがり、それが企業経営に役立てられる、その仕組みが面白くて好きになりました。
そして、卒業後は会計の知識や資格を活かせる仕事がしたいと考え、コバヤシの経理職の募集にエントリー。最終的にコバヤシへの入社を決めたのは、大きな企業の場合は経理業務がかなり細分化されていて、その中の一部を担うことになりますが、中小企業であれば会計業務の全体に携わることができ、早い時期から成長できると思ったからです。また、選考の過程で感じた、コバヤシのやわらかな社風も大きな決め手に。社長面接も、笑いをまじえて話せるくらい和やかな雰囲気で、その印象は入社後の今も変わっていません。コバヤシの社員は接しやすい方が多く、会社全体が穏やかで働きやすいです。

CHAPTER 02

実務を通して管理業務を幅広く学び、経験を重ねていく。

入社して経理課に配属され、入社一年目は、入出金の処理などの基本的な業務を担当しました。簿記などの知識はありましたが、実務経験はないので、先輩の方々に教えていただきながら一つひとつ経験を積んでいきました。二年目からは、子会社の管理業務を担当することに。経理業務だけでなく、社員の入退社の対応や勤怠確認など、人事や総務も含めた管理業務全般の担当です。はじめは前任者や先輩から教えていただきつつ、年次の決算対応なども公認会計士の先生とやり取りしながら進めていきました。初めて年末調整を担当した際は正直、大変でした。法令の変化などに対応しながら確実に処理することが求められますし、月次の通常業務を行いつつプラスして年末調整も行うので、タスク管理やスケジュール管理の力がかなり鍛えられましたね。苦労もありましたが、管理担当として、子会社の社員の方々に頼りにしていただけるのは嬉しいことです。
三年目からは、上海の子会社の経理にも関わることに。言葉の違いもありますが、むしろ、書類の流れなどの商慣習の違いに戸惑いましたね。税法も日本とは異なりますし、貿易も関わるため消費税や関税などの知識も必要でした。実務を通して、幅広く学ぶことができたと思います。そして入社四年目の今、担当する子会社も増え、忙しい日々を送っています。今後の目標は、連結会計に本格的に携わること。社内外からの信頼を大切に、これからもさまざまな経験を積んでいきたいです。

CHAPTER 03

経営指標を扱うことで身についた、「全社的にものを見る視点」。

そして、もう一つ大きな転機となったのが、入社三年目の後半から携わっている「管理会計」の業務です。管理会計とは、自社の経営に活かすために作成する社内向けの会計のことで、財務会計のような決められたルールはなく、会社ごとの独自ルールでまとめるものです。コバヤシの経営指標であり、経営層に経営分析や計画策定、判断をいただくためのものなので、財務会計とは違う視点や考え方が必要になるため、かなり勉強になり、私自身の大きな成長につながったと感じています。
経理担当者は、重要な経営指標を扱うため、経営層や役員の方々と接する機会も多いですし、経営層の意見を汲み取りながら業務に反映していく醍醐味もあります。そして、業務を通して早い時期から「全社的にものを見る視点」が身につけることができるのが大きなメリットだと思います。

CHAPTER 04

数字と向き合うだけじゃない、経理の仕事のやりがいとは。

経理としての仕事のやりがいは、書類から数字を起こし、現場とやり取りし、情報を集約し、その結果として、月の数字が仕上がったときの達成感ですね。やはりその瞬間は、気分がよいものです。学生の皆さんにとって、経理の仕事というとデスクワークばかりで数字と向き合っているようなイメージがあるかもしれません。でも実際は、経営層や他部署の社員、他社の方々とやり取りする機会も多いのでコミュニケーションの力もつきますし、幅広い視野と経験が得られる立場だと思います。会計の知識はあるに越したことはないですが、特に持っていなくても、入社後も会計ルールや簿記などを学べますし、税制の改正など常に最新の情報を得ながら着実にスキルアップできると思います。

Schedule for one day

OTHER STYLE