SUMMARY OF BUSINESS

事業・サービス概要

TECHNOLOGY & R&D

新規開発事業部

社会・市場のseedsを具現化した製品の普及を図り、
事業を拡大する。

新たな市場の開拓を目指し、技術研究所が開発した新技術・新製品の普及とユーザー支援を行っています。現在は、「環境対応」や「省エネルギー」を開発テーマとした「熱可塑性澱粉ペレット、シート及び成形品」そして「高機能フィルム」のPR活動及び販売に注力しています。
熱可塑性澱粉製品は、山形大学および宮城県産業技術総合センターと共同開発した製品です。汎用プラスチックと同等の成形加工性を付与し、製品の製造と廃棄の過程で発生する環境負荷(CO2)の大幅な低減を実現しました。プラスチック関連素材の未来を切り拓く新素材として多方面に提案しています。
高機能フィルムは、太陽電池モジュールのバックシート製造技術を横展開したもので、半導体やLEDのパッケージ用離型フィルムとして販売を行っています。製品の極めて高い離型性や金型追従性は、ユーザーから高い評価を得ています。
今後は開発製品の拡販に努めるとともに、市場・ユーザーの要望を技術研究所にフィードバックし、製品の改良や新規テーマ開発の促進など次世代を見据えた事業活動を行っていきます。

主要取扱・製造品目

  • - 熱可塑性澱粉シート及び成形品
  • - 半導体パッケージング用離型フィルム
  • - 熱可塑性澱粉ペレット及び成形品
  • - 太陽電池モジュール用バックシート

用途

熱可塑性澱粉シート及び成形品
熱可塑性澱粉ペレット及び成形品
半導体パッケージング用離型フィルム
太陽電池モジュール用バックシート

技術研究所

既存事業の枠に収まらない領域に対応し、新しいオリジナル商品を研究・開発するR&D部門です。お客様ニーズや技術トレンドの探査から、研究・開発、アフターサービスを、技術スタッフが一貫して行っています。
コアである配合技術と成形加工技術をベースに、プラスチックの持つ汎用性・利便性を損なわず、高い環境性能も発揮する最先端の技術・製品の開発に取り組んでいます。新規開発事業部と連携し、難易度の高いテーマに積極的に挑戦しています。研究のための研究ではなく、これまで培ったネットワークを駆使して世の中やお客様のニーズを把握、且つ効率的な生産方法を考え、スピード感を持って製品化するのが、技術研究所の使命です。
また、研究・開発機関として、既存技術のレベルアップ、人材の育成、他事業部への技術支援なども行っています。


FIVE DIVISIONS