求める人材像

「勉強好きで素直な努力家」

コバヤシが求める人材は、「勉強好きで素直な努力家」。
それは、常に向上心を持って、人の言葉に耳を傾けられる人。そして努力をいとわない人。

育成目的

コバヤシは、お客様の期待に応え続ける会社になるために、社員一人ひとりがその担い手として必要な良識と能力をOJT・教育研修・機会の提供・自己啓発を通して、着実に身につけることを育成の目的とする。

育成方針

1. 自主的・主体的に行動できる社員に育てる。
2. 自己啓発、OJT等により「成果」に責任を持てる社員に育てる。
3. お客様の要望に耳を傾け、その解決に向けて努力する社員に育てる。
4. Plan-Do-Check-Actionのマネジメントサイクルをきちんと回せる管理者に育てる。
5. 他社からも評価される社員に育てる。

研修体系図

研修体系図

上記以外にも一般社員(8年目以降)、管理職向けに研修を実施

内定者研修

入社前の3か月間、通信教育にてビジネスマナーを学びます。

新入社員研修

- 入社時研修(4月)
身だしなみや挨拶の仕方など社会人としての基本事項を学びます。
また、工場や技術研究所の見学、各事業部の説明を聞き、資料作成・発表を行います。
- フォローアップ研修(6~7月頃)
外部の講師と個人面談を行い、3か月間の仕事を振り返ります。
日々の仕事に関する悩みを相談し、講師からのアドバイスを今後に活かしてください。
- ステップアップ研修(9~10月頃・全2回)
入社時研修の振り返りを行い、問題解決の方法について学びます。
また、自分自身の課題を抽出、原因を分析し、対策を考え発表します。

OJT

新入社員から管理職まで、誰もが日々の仕事を通して学んでいます。
特に、入社後半年間のOJT期間については、新入社員一人ひとりにトレーナーを選任し、予めトレーナーが作成した教育計画をもとに、業務を通して指導しています。どんな小さなことでも質問しやすい体制を整えています。

目標設定研修

入社2年目より、期首に個人目標を立て、その目標達成に向けて仕事を進めていきます。
研修では、目標設定から進捗管理、結果報告までの流れを学びます。

2年次研修、3年次研修

入社2年目、入社3年目にそれぞれの研修を実施しています。
どちらの研修でも、これまでの研修の振り返りを行うとともに、日々の仕事への取り組み方を見つめなおします。
また、2年次研修では時間管理やビジネスコミュニケーションについて、3年次研修では管理力・改善力や後輩への指導方法について学びます。

ブラッシュアップ研修

入社4~7年目の社員を対象に実施しています。
論理的に考え、正しく、わかりやすく伝える方法や中堅社員としてのコミュニケーションスキルについて学びます。

(協力:株式会社プロフェッショナルアカデミー)

社員が取得する資格の例

- 衛生管理者
- 危険物取扱者乙種
- 危険物取扱者甲種
- 防火管理者
- 工業標準化品質管理推進責任者(IQC)資格
- エネルギー管理士
- 低圧電機取扱作業者
- 電気工事士

- 電気主任技術者
- 廃棄物処理施設技術管理者
- 特定化学物質等作業主任者
- 特別管理産業廃棄物管理責任者
- 公害防止管理者
- 有機溶剤作業主任者
- 普通救命技能