WORK STYLE

先輩紹介

情報収集と自ら考え仮説を立てることで、より大きな成長を得られる。

PROFILE
製造本部 技術部
理工学研究科 応用化学専攻修了 2013年入社
CHAPTER 01

インターンシップで再確認した志向。幅広い仕事に取り組めることを期待して入社。

学部生のときには化学工学を中心に学び、大学院に進んでからは有機溶剤の吸着に関する基礎研究に取り組みました。学部から大学院に至るまで、長い間化学に没頭し続けてきたことから、就職にあたっては化学以外の道も検討してみるべきではないかという思いを持ちました。そのためインターンシップで化学以外のものづくりの現場を体験したり、営業職など理系専門職とは違った職種も経験したりしてみました。
そのような活動を通じて、「自分のやりたいことは、やはり化学という専門領域の中にある」ということを再確認しました。
コバヤシを選んだ理由は、研究や開発だけでなく設計や量産技術など幅広い仕事に取り組めるチャンスがあることが魅力だったからです。

CHAPTER 02

豆腐容器の製造プロセスに、設計の立場で関わる。

入社当初は、石岡工場で豆腐容器の設計に携わっていました。営業担当がお客様から受けたオーダーを形にするべくCADを使い設計・試作を繰り返してお客様のオーダーに近づけていきました。最初の頃は、お客様の工場の生産工程や生産ラインの状況理解が不足していたので、周囲の先輩や上司、営業担当者から、アドバイスをもらいながら設計に取り組みました。経験を重ねるにつれ、お客様の生産ラインのイメージができるようになったので、「こうしたらもっと使いやすくなるのではないか」を意識しながら、容器の提案をしています。
入社3年目ごろからは、容器を成形する前のシートの配合や構造の設計も担当しています。使用するシートによって、成形しやすさや容器の機能が変わるので、どのような材料でシートを作ったらよいのか、どんな構造のシートにしたらよいのかを検討しています。

CHAPTER 03

聞くだけでなく、自分で調べて仮説を立てることも大事。

職場はとても質問しやすい雰囲気なので、質問をすればみんな惜しみなく様々なことを教えてくれます。しかし、自分の成長のためには貪欲に情報を収集し、自分の考えを持った上で質問や相談をすることが大切だと考えています。例えば先輩に対する質問も、「分からないので教えてください」ではなく自分なりに調べた上で「自分はこう思いますが、先輩はどう思いますか?」というように聞くことで、より多くのものを得ることができます。自分自身が質問し、学んできた経験をどうしたら後輩に対して、効果的に伝えることができるのか考えながら仕事をしています。

CHAPTER 04

経験を活かして、品質管理に携わりたい。

豆腐容器の設計からスタートし、現在はシートの設計や成形した容器の品質管理にも携わるようになりました。新しい容器を担当したことがきっかけで、かなりの費用をかけた新規設備の導入を任せてもらうこともできました。
コバヤシには、石岡工場以外にも容器の生産工場が5か所あり、まだ携わったことのない製品もあるので、今後はさらにさまざまな製品を担当し、知識を深めていきたいと考えています。また、もっと品質管理の知識を身につけ、コバヤシのすべての工場から常に良い品質の製品をお客様に提供するための仕組みづくりにも関わりたいと思っています。

Schedule for one day

OTHER STYLE